サトヴィック・サンドラ アイキャッチ画像

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは、一言でいえば、自分を理解する虎の巻ともいえるくらいに、いかに人が健康に、自分らしく、幸せに生きるためにはどうあったら良いのかを体質の特徴を(容姿、体や内臓の動き、考え方の傾向など)多面的に捉え、最善策を知れる優れた1つの方法といえます。

アーユルヴェーダは5000年前に生まれた智慧で、インドから発信し、私達人類を含めた地球そのものを、自然の『質』として捉え、科学の発展がない時代から自然と私達の結びつきや本質を解き明かしてきました。

アーユルヴェーダは『生命科学』という意味ですが、そのものが詰まった宇宙にも精通する壮大な考え方でもあるがゆえに、スピリチュアルにも分類されがちですが、インドやスリランカでは長きにわたり人々を癒してきた立派な医学でもあります。

額にオイルを垂らしたりマッサージするイメージが強いですが、それは治療法の1つでしかありません。

日本では医療とは認められていないため、健康法、ケア法、美容法などで用いられています。

古くから受け継がれているいくつかの教典に基づいており、この世の全ては地・水・火・風・空の五つの元素(五大元素)からなっているとされ、

サトヴィック・サンドラ アーユルヴェーダ イメージ画像

その五大元素をさらに三つのエネルギー(質)に分け、

○ヴァータ(風・空)
○ピッタ(火・水)
○カパ(水・土)

と称し、この三つのエネルギーがなっているトリ・ドーシャ理論が基本的な考え方であります。

それは私達人間もこの3つのエネルギーとその存在位置が点在し成り立っていると考えられています。

一部ですが、

○ヴァータ(動きを司る)神経・排泄などの動き
○ピッタ(熱を変換する)小腸、代謝など
○カパ(結合・形作る)形作る組織、関節

個人個人にその質の差があり、それが個性として体内組織、外側の見た目や動き方、考え方までにも影響していると考えられています。

アーユルヴェーダはホリスティック(包括的)療法の原点であり、私たちの体を小宇宙と考えそのつながりや意味を持っています。

サトヴィック・サンドラ アーユルヴェーダ イメージ画像

占星術から食育、一日の過ごし方、生理の過ごし方など多岐に至るまでシーンに合わせ指導法がうけつがれています。

そのレクチャーは個人がヴァータ・ピッタ・カパの3つのエネルギーのどれが強くどれが弱いかによって私達の体質を考え、その質に合うか合わないかで判断しながら、年齢、季節などの移り変わりでも食や生活指導法が変わります。

健康〜病気までを段階的に考えると、日本は健康と病気の2段階、中医学はその間に未病があり3段階、アーユルヴェーダはなんと7段階にも細かく分け、いかに自分の状態が病気にいかずにその状態に気づき、健康にまた近づけていくかという智慧になります。

毒だしや若返りはアーユルヴェーダ発信が多く、現代人にも知らず知らず多く実践されています。

世界でも、セレブを中心に火がつき、その名を知る機会も増えました。一般的には難しいものから、日ごろ簡単にできることまで多くの実践法があります。

その中に当サロンが推奨する白湯飲みやオイルマッサージなどが含まります。

昔ながらのおばあちゃんの知恵にとても良く似ています。

ヴィーナスサイクル・コースにもどる