サトヴィック・サンドラ アイキャッチ画像

シローアヴィヤンガ・アヴィヤンガ

サトヴィック・サンドラ シローアヴィヤンガ イメージ画像

シローアヴィヤンガとはサンスクリット語(古代インド語)で『頭に油を塗る』と言う意味です。

アヴィヤンガには別名 『愛情のこもった清らかな手』 という意味もあります。

アーユルヴェーダでは昔から アヴィヤンガの効果には

 〇若返り
 〇疲労回復
 〇体の痛み
 〇視力を向上
 〇体力を増強
 〇寿命をのばす
 〇皮膚を強くし活性化する
 〇睡眠の正常
 〇免疫力から皮膚を守る
 〇免疫力を増やす
 〇肌色つやをよくする

と古くから受け継がれています。

私たちの心と体の司令塔であり、コントロールしバランスを取り、常に感じ、考え、判断し、行動に至るまでをつかさどる脳と神経。

呼吸も消化も循環も代謝もホルモンバランスも私たちが自ら意志をもたなくても、私たちのために24時間、365日働いてくれているのはこの脳と体のおかげ。

現代人の心や体のアンバランスには神経や五感を使いすぎていること、自律神経のオンとオフのスイッチがうまくいってないこともしばしば。

私がたくさんのクライアントに接する中で感じたことは、全身にはりめぐらされている神経や、五感を過剰に動かしている分、逆に休ませていないこと。

呼吸でいえば、吸いっぱなし状態。
吐くことが足りていません。

常に働き、常に考えてオーバーワークしていること。

そこからくる、本来のバランスがうまくいかないことを感じます。

当サロンでは、ゆっくり横になり、ゆっくり呼吸する。

そしてマンモリラクゼーションで体と心とおっぱいをゆるめて循環を促したあとに、アヴィヤンガ、シローアヴィヤンガで深いリラクゼーションに誘い、その空間を体感していただきながら神経系から全身を解きほぐしていきます。

施術は、私たちの全身と脳を包む頭にオイルを塗布し、状態や体質別に圧や速さ、手技をかえ施術を行います。

現代は男女平等になり、参画運動もさかんになっていることはとても良いことですが、男性と肩をならべ働き、生理を大事にすることも忘れて少なくなり、年々更年期や不妊、女性の命を脅かす病の数は増えています。

各々のストレス社会に戦ってしまっている女性が多いことも事実です。

食べものや環境、人間関係の面でも神経は悲鳴を上げています。

ホルモンバランスをつかさどっているところは子宮卵巣ではなく、脳なのです。

おっぱいケア、生活の改善とともに神経を休ませるアヴィヤンガ、シローアヴィヤンガで本来のご自分を得るためにも入れていただきたいメニューです。

そして全身には108のマルマがあり、その中の7つが頭に点在しています。

どれもが欠かせない役割のマルマですが、頭の登頂には実現力をあげるマルマが存在するのです。

不快を手放し、新たに心地よさのスペースとともに、自身のたくさんの実現のために『愛情こもった清らかな手による』無になる深い癒しとリセットを体感し、全身と心、神経、脳を解放しませんか?

エネルギー交換を是非体感ください。

ヴィーナスサイクル・コースにもどる