サトヴィック・サンドラ アイキャッチ画像

プロゲステロンについて

前回は簡単にエストロゲンについて説明しましたが、今回は女性ホルモンのもう一つのプロゲステロンについてです。

プロゲステロンは卵巣の黄体で作られる『黄体ホルモン』です。

プロゲステロンのお仕事(役割)はこちらです。

〇排卵後乳腺を発達させ、子宮内膜を厚くします。
〇妊娠に備えて子宮の状態を整えます。
〇体温を上げる
〇身体に必要な栄養、水分を貯める
〇皮膚分泌を促します。

プロゲステロンが優勢な『黄体期』は排卵後、体にエネルギーをためるので身体が重く感じ硬くなりがちです。

黄体ホルモンが多いことで出てくるデメリットもたくさんありますので

またお話していきたいと思います。

エストロゲンについて

女性ホルモンの一つ

『エストロゲン』について

エストロゲンは私たちの生理的機能(食欲・呼吸・睡眠など)を指令する脳の中の視床下部というところが卵巣に作る指令をし、主に卵胞で作られた別名 卵胞ホルモンです。

私たちの体の中でホルモンは注文と受注・出荷がされています。

エストロゲンは幼いころから分泌されていて、成長期に女性が身長が伸びるのはエストロゲンの恩恵と言われています。

ではこのエストロゲンのお仕事(役割)はこちらです。

●排卵を促す
●子宮内膜おっぱい内膜を厚くし、妊娠に備えます
●身体をしなやかに保ち女性らしさの象徴をもたらせます
●肌髪のつや
●自律神経を活発させてやる気をみなぎらせます
●骨を丈夫にする
●心を穏やかにする

など

なんて嬉しいことばかりなのでしょうか♪

しかし、増えすぎたり少なすぎたりバランスが崩れることによってのデメリットも残念ながらあります。

女性ホルモンはたくさん出ればよいと思うかたもいますが、バランスが大事なのです。

またそこはお話していきたいと思います。

次の記事はプロゲステロンについてです。

天使モード 悪魔モード

天使モード 悪魔モード

みなさんにもありませんか?

私が小さいころにサザエさんを見ていたら、良心の『天使のかつおくん』と悪いことを誘惑する『悪魔のかつおくん』の話の会がとても印象的でした。笑

私たちの女性の天使モード悪魔モードというのは、例えばお肌の調子も代謝もよく心も晴れて人にも愛情もって優しくできるし、やる気もみなぎっているモード、それとは反対になんとなく体調がすぐれず、肌もあれがち、むくんだり心もくよくようつうつイライラしやすい時モードがありませんか?

この正体は女性ホルモンの変動が関係をしています。

私の師匠の神藤多喜子先生の書籍の中で表現されているのが『天使ホルモン』『悪魔ホルモン』『天使の時期』『悪魔の時期』と言われています。

私たちの女性ホルモンには二つのホルモンが存在しますが、エストロゲンとプロゲステロンどちらが天使でどちらが悪魔はわかりますでしょうか?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。答えは

エストロゲンが(卵胞ホルモン)天使ホルモン
プロゲステロン(黄体ホルモン)が悪魔ホルモンです。

生理後すこやかに生理が終わった後にくるのがエストロゲン期の天使モード
排卵後のバランスによって訪れやすいプロゲステロン期の悪魔モードです。

女性の心は移り変わりがあるとご自身も周りも周知しているとすごくご自身が安心できますよね。

パートナーにもこの理解をしていただくことが大事です。

その前にご自身がこのモードがなぜおこるか、いつ起こるのか、今はどのモード火を理解するとご自身をコントロールしやすくするだけではなく、それをスムーズにパートナーにも話しやすくなります。

普段から1か月の変化をみながらそれに合わせたケアや食事、生活などを大事にする事がご自身を大事にしコントロールするカギです。

ご自身が今どの状態かというのも毎日の基礎体温を図っていくこともお勧めしたいことです。

女性ホルモンについて

女性ホルモンと生理について

最近当たり前に聞くようになってきた女性ホルモンですが、みなさんはどれくらい理解がありますか?

女性ホルモンのバランスといいますが、何がバランスしていると思いますか?

聞いたことはあるけど、どんな役割をしているかわからないわ~
という方のほうが多いのではないでしょうか?

私たちの体や心は毎日まるで違う顔のように変動することがありますね。

これは女性ホルモンの影響が多く関わっています。

その影響が大きく自覚できるのが生理だと思いますが、

現代どう選ばれるにしても女性の体は妊娠出産をするようにできています。

生理はこの妊娠出産を受け入れるために繰り返されているものです。

生理は二つのホルモンの順番に繰り返される働きによって起こります。
一般的には28日の周期で変化を起こします。

この二つの女性ホルモンは主に卵巣でつくられるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

生理は簡単に言うと月に一度いきなり出血があるわけではなく、卵巣で作り出されるホルモンによって子宮が妊娠しやすく子宮内を整え、妊卵を受け入れるために子宮内膜にベッドをつくり、妊娠が成立しない場合はまた次回妊娠できるように、子宮内を綺麗にするためにつくっていたベッドを出血と一緒に出して整えます。

この二つのホルモンは妊娠と妊娠中、出産後母乳を出すためにおっぱいも変動させます。

このホルモンの二つには他にもそれぞれの役割があります。

28日間ゆるやかに変動して子宮を動かし、どちらが優位に立っているかによって体や心の影響がかわります。

この二つのホルモンのバランスで身体の不調がでてきやすくなることは否めません。

実はバランスは普段の生活や身体をどう使い、どうケアをしていたわるかによって大きく変わってきますよ。

ではこの二つのホルモンのことを一つづつ知っていきましょう。

生姜パウダーの力

最近生姜は身体を温めるということが常識になってきました。

私たち日本人の食卓には欠かせない生姜です。

きっと食卓にも

冷ややっこに生姜
生姜焼き
唐揚げ
お魚の臭みを消したりなど

どの家庭でもしょうがは大活躍だと思うのですが、

最近の研究やデータなどで、しょうががどれくらい身体を温めるかがわかってきています。

そのデータからすると残念ながら生の生姜は身体を温める力が弱いということがわかってきました。

アーユルヴェーダでは昔から生の生姜と乾燥生姜では温める力が違うことは伝承されていました。

それは同じ生姜でも生と乾燥では『火』の質(アーユルヴェーダではピッタと言います。)が違い、

乾燥生姜は火のエネルギーの力が強く、同じ火のエネルギーを強く持ったピッタの質の人には量を気を付けるような指導があります。

それだけ乾燥生姜は身体を温める力が強いことがわかります。

生姜の力を使って身体を温めたい方は生より乾燥の生姜を使われることををお勧めします。

生姜の詳しい効果や成分についてはまたお話していきます。